recommend
selected entry
link

2014.03.11 Tuesday

3年後の「3.11」
3年前の3.11。あの日の震災と、その後の原子力発電所の爆発が、私の世界を変えました。
ガラガラと崩れ落ちた世界から逃げ出すように、岡山来て、一つずつ一つずつ、パズルのピースをはめていくように、自分の居場所や子どもたちの生活、家族の在り方・・・沢山のことを再び作り始めました。

あれから3年。
普段は遠く昔のことのように思えるあの日ですが、今日は昨日のことのようにフラッシュバックします。

生まれて初めて経験した大きな揺れ。携帯が繋がらず不安だった夜のこと。
頻繁に鳴る地震速報の音。理不尽な計画停電。流される家々や原発の爆発の映像。

繰り返される「ただちに健康に影響ない」との言葉。

混乱の中で沢山のことを考えました。
深く深く、自分の心に問いました。

何をしに、生まれてきたのか…。
どんな人生にしたいのか…。

そして、気付いたのは、とてもシンプルなことでした。

「つながること」「わかちあうこと」「たのしむこと」。
そして、みんなで「しあわせをかんじること」。

家族と仲間と、そういうことを体験しに生まれてきたんだと気付いた。

そう。人生何があるかわからない。
だったら、今の瞬間を楽しもう!!

「本当に大切なこと」を気づくきっかけになった3.11。

あの出来事が教えてくれたことを、それぞれがそれぞれのできる役目で、これから実現していくのだろうと思います。

気付かせてくれてありがとうございます。
沢山のご縁をありがとうございます。
応援してくださってありがとうございます。

あの日旅立たれた沢山の魂の皆様へ、
ご冥福をお祈りいたします。


3.11 献花