recommend
selected entry
link

2020.03.11 Wednesday

3月11日

東日本大震災から9年・・・。
 

あの日から、
 

「おかえり」と言える幸せを意識する生活を9年過ごしています。
 

本当に、1日も意識しなかった日は有りません。

 

「ただいま!」と子ども達が帰ってくる。
 

ただそれだけの当たり前の日常が
 

「最高に幸せなこと」なのだと気付かされました。

 

大地震、津波、原発事故。
 

想像を超えた未知の出来事に、
 

この先の子ども達の健康と未来が不安で、
 

心が壊れそうになりました。

 

絶望という暗闇の中に、たった一人で身を置いているような孤独感。
 

そこから抜け出せたのは、
 

「私は一人ではない」と気付いたことでした。

 

私の心の暗闇に射した小さな一筋の光が、
 

1本、2本、そして今ではたくさん集まり、
 

陽だまりのように温かく、明るく照らしてくれています。

 

震災をきっかけに出会えたご縁と、
 

震災前から出会えていた仲間に支えられて、
 

今の私は、自信をもって自分の人生を歩くことができています。

 

生きていること、
 

出会えた奇跡、
 

大好きな人と一緒に過ごせる幸せ。

 

そして、
 

9年経っても日常の戻っていない場所があり、
 

原発事故による健康被害の影響は現在進行形であるということを、

 

これからも伝え続けていこうと思います。

 

3.11に感謝と追悼の祈りを込めて…