recommend
selected entry
link

2016.11.22 Tuesday

福島沖地震

こんにちは。

 

今朝のニュースは「またか」と

 

過ぎるほど、どきどきして

 

ニュースに釘付けでした。

 

関東、東北にお住まいの方々に

 

お見舞い申し上げます。

 

 

ニュースを見ていても、

 

東日本大震災の教訓が活かされ、

 

「ただちに避難、逃げてください」と

 

アナウンサーが連呼していました。

 

皆様の避難も早かったようで、早々に

 

避難所には集まられていたようです。

 

怪我もされた方もいらっしゃるようですが、

 

大きな被害にならなくって本当に良かったです。

 

 

ただ、原発の状況、情報も今まで以上に

 

多かったように思えます。

 

問題はありましたが、現在は以上ありませんと

 

ただちに?

 

今は?

 

・・・

 

今後も、同じ規模の余震が続くと

 

言われております。

 

テレビだけでなく、SNSなどを活用した

 

情報収集に努めてくださいね。

 

 

もうこれ以上、災害、人災が起きませんように。

 

 

 




2016.10.21 Friday

本日の出来事

こんばんは。

 

本日、鳥取で震度6弱の大きな地震がありました。

その後も、余震が続いております。

被災に会われた方に対し、お見舞いを申し上げます。

 

そして、

友人、知人、家族から岡山は大丈夫との心配のご連絡をいただきました。

その心遣い、感謝いたします。

 

私たちは大丈夫です。

 

 

岡山市は震度4

 

岡山は一瞬静まりましたが、

 

その後は、平穏でありました。

 

 

私は車の運転中に久々に聞いた緊急地震速報

 

3.11が一瞬でフラッシュバックしました。

 

この日本に居る限り、地震からは逃れられないのですかね。

 

しかし、この不安は体感した人しか

 

分からないのかもしれません。

 

自分の身は、そして、家族の身は

 

自分たちで守るしかありません。

 

危機管理を再度見直したいと思います。

 

 

明日から、平穏で安心して皆様が暮らせますように!

 




2016.03.11 Friday

3月11日 あれから5年
東日本大震災から5年が経ちました。


あれから5年。

皆様は、今この時、

どこで、誰と、どのように

生きていますか?


今も尚、震災による復興に向けて、

ご支援や復興の再建に携わっている

方々には敬意を称します。



人災による原発事故の放射能汚染さえ

無ければ・・・





私達は、5年経った今、家族で楽しく

過ごせる日常を取り戻し、

その時間を幸せと感じて

生きています。

健康で、毎日笑顔、笑いがある生活に。


皆さん!

昨年もこの場でお伝えを

させていただきましたが、

私たちがお伝えできるのは、

今も変わりありません。


自らの思いを行動に移してみてください。

必ず道は開けますよ。



楽しく生きていきましょうよ。


5年前、楽しく生きようとしていた

何万人もの人が犠牲になってしまっているんです。

その人の分まで私達はこの世の中で

生きていきましょう。


生きる喜びを感じたく、私達はこの決断を

したと思います。

それは間違っていないと思いますよ。


今の生活に放射能による健康不安や苦しいと

思うこともあるかと思いますが、

一度、岡山にお越しください。

私達で最大限サポートします。

そして、どのような形であれ、

自分自身が決めた決断に間違いはありませんから、

必ず、次のステージに移れると思います。



震災被害に遭われた方がに対し、

黙祷をささげ、哀悼の意を表します。





2014.03.11 Tuesday

3年後の「3.11」
3年前の3.11。あの日の震災と、その後の原子力発電所の爆発が、私の世界を変えました。
ガラガラと崩れ落ちた世界から逃げ出すように、岡山来て、一つずつ一つずつ、パズルのピースをはめていくように、自分の居場所や子どもたちの生活、家族の在り方・・・沢山のことを再び作り始めました。

あれから3年。
普段は遠く昔のことのように思えるあの日ですが、今日は昨日のことのようにフラッシュバックします。

生まれて初めて経験した大きな揺れ。携帯が繋がらず不安だった夜のこと。
頻繁に鳴る地震速報の音。理不尽な計画停電。流される家々や原発の爆発の映像。

繰り返される「ただちに健康に影響ない」との言葉。

混乱の中で沢山のことを考えました。
深く深く、自分の心に問いました。

何をしに、生まれてきたのか…。
どんな人生にしたいのか…。

そして、気付いたのは、とてもシンプルなことでした。

「つながること」「わかちあうこと」「たのしむこと」。
そして、みんなで「しあわせをかんじること」。

家族と仲間と、そういうことを体験しに生まれてきたんだと気付いた。

そう。人生何があるかわからない。
だったら、今の瞬間を楽しもう!!

「本当に大切なこと」を気づくきっかけになった3.11。

あの出来事が教えてくれたことを、それぞれがそれぞれのできる役目で、これから実現していくのだろうと思います。

気付かせてくれてありがとうございます。
沢山のご縁をありがとうございます。
応援してくださってありがとうございます。

あの日旅立たれた沢山の魂の皆様へ、
ご冥福をお祈りいたします。


3.11 献花




1